• 有機半導体

    研究室独自での有機半導体の開発や、企業や連携研究室と共同研究を行い新規有機半導体の開発を行う。特に、印刷プロセスに適用可能な塗布系半導体の開発に力を入れています。合成した半導体は、X線分析、熱分析、光学分析などの分析から、デバイス作製までを一環して行うことができます。
    top-leftto-bottom
  • 有機材料やナノ材料を印刷することで作られる柔軟な電子デバイス

    フレキシブルフィルム上に有機半導体や有機強誘電体、金属ナノ粒子をインクジェット法などで印刷成膜し、極薄の電子デバイスを作製しています。厚さ3 µm以下の極薄デバイスは柔軟性が高く、絆創膏のように貼り付けられるヘルスケアデバイスへの応用が期待されます。
    top-leftto-bottom
  • 有機FET型バイオセンサの開発

    印刷可能・柔軟・高感度という有機FETの特徴を活かしたバイオセンサを開発しています。現在は、汗や唾液等の外分泌成分を対象としたウエアラブルセンサを開発しており、病気やストレス等の生体内情報を非侵襲に、安定してモニタリング可能なセンサの実現を目指しています。
    top-leftto-bottom
  • フレキシブルでストレッチャブルな印刷型物理センサ

    印刷可能・柔軟・高感度という特徴を活かした物理センサを開発しています。特に、圧力や曲げ、引っ張りなどで発生する応力を検出対象としたフレキシブルセンサやストレッチャブルセンサを作製し、ロボットやヘルスケアに適したデバイスの実現を目指しています。
    top-leftto-bottom
  • フレキシブルハイブリットエレクトロニクス

    薄いプラスチックフィルムにスクリーン印刷により有機温度センサや積層配線を作製し、Si-LSIを実装したハイブリッドセンサを試作しました。有機エレクトロニクスのしなやかさとSi-LSIの高機能性を両立し、通信機能を搭載したセンサにより、体表面や商品の温度測定とデータの伝送に成功しました。
    top-leftto-bottom
  • 凸版反転印刷

    企業と連携を行い凸版反転印刷法に適した導電性インクの開発を行います。さらに実際に印刷を行い、回路の配線や有機トランジスタの電極としての機能性評価等を行い、インクの印刷性や電極表面処理や耐熱性などを考慮し、集積回路の作製プロセスの開発を行います。
    top-leftto-bottom
  • 3D-Printed Electronics

    曲面や立体物表面上に、直接、機能性材料を印刷し、電子デバイスを作製するための各種印刷技術の開発を行っています。現在、OIJ印刷(左写真)、SBG印刷(右写真)等、4種類の印刷技術について研究・開発中です。
    top-leftto-bottom
  • 金属ナノ粒子インクの開発

    印刷TFTの高性能化を目的とした低温焼結型の金属ナノ粒子インクの開発を行っています。印刷TFTで課題となる、配線の微細化や半導体層とのエネルギー障壁の低減に向け、金属ナノ粒子の粒子設計やインク化技術の開発を行っています。
    top-leftto-bottom
  • 大面積印刷プロセス技術

    大面積・高精細な電子回路形成に適用できるロールtoロールインクジェット印刷プロセス技術の開発に取り組んでいます。幅900mmのロールフィルムを流しながら連続でインクジェット印刷を行い、TFTアレイやセンサデバイスの試作開発を行っています。
    top-leftto-bottom

お知らせ
当研究室で開発された高移動度n型有機半導体TU-1, TU-3がシグマ アルドリッチ ジャパン合同会社と東京化成工業株式会社より販売されました。

総説・解説
竹田助教の総説 "Recent Technology Advancements in the Fabrication of Integrated Organic Electronics"がアルドリッチ季刊誌「Material Matters」(VOL.15・NO.1 )に掲載されました。

求人
【求人公募】研究室では只今スタッフを広く募集しています!

メンバー
佐藤 勝浩 (さとう かつひろ)さんが研究室のプロジェクト研究員としてスタッフメンバーに加わりました。

メンバー
吉田 綾子(よしだ あやこ)さんと小松 迅人(こまつ はやと)さんが博士後期課程(社会人コース)に 入学されました。

お知らせ
時任・熊木・関根研のJFlex2020出展内容が「Technical Studies Yield Novel Sensors for IoT, Medical Uses」と題して電波新聞社 英文月刊誌 AEI (Asia Electronics Industry)  2020年4月号のTECHNOLOGY HIGHLIGHTに掲載されました。

メンバー
事務補佐員 周 伊蘭 (しゅう いらん)さんが研究室のスタッフメンバーに加わりました。

メンバー
前田 修一(まえだ しゅういち)さんが研究室の客員教授に就任しました。

お知らせ
2020年4月1日より時任 卓越研究教授が東京大学 生産技術研究所からリサーチフェローを委嘱されました。

受賞
長峯准教授による研究課題「皮膚残存金属イオンの採取・検出デバイスの開発」が、田中貴金属記念財団による2019年度「貴金属に関わる研究助成金」の奨励賞に採択されました。おめでとうございます!

総説・解説
『酵素トランスデューサーと酵素技術展開』(2020年3月 シーエムシー出版発行), pp36- 43に長峯准教授の総説「印刷有機トランジスタ型酵素センサの開発とその汗成分計測応用」が掲載されました。

論文
竹田助教の論文がACS Applied Electronic Materials誌(Volume 2, Issue 3, March 20, 2020)のFront Coverに選出されました。

論文
竹田助教の論文"High-Speed Complementary Integrated Circuit with a Stacked Structure Using Fine Electrodes Formed by Reverse Offset Printing" がACS Applied Electronic Materials誌に掲載されました。

新聞記事
3月6日(金) 日刊工業新聞【企画特集】にて「持続的な成長を見据えて新しい"やまがた"の創造 挑戦する企業群 」の一企業として、時任研究室が設立したフューチャーインクが「プリンテッドエレ 事業化へ」と題して掲載されました。

お知らせ
日本MID協会定期講演会(東京大学生産技術研究所 2019年11月1日(金)開催)における時任教授の基調講演「3Dプリンテッドエレクトロ二クス技術の創成と期待」が「mst機械的特性を高める表面改質の情報サイト」にて紹介されました。

ニュース一覧    外部発表一覧

  • 研究室イベント写真
  • 研究紹介動画
【時任研究室所在地】
所在地:〒992-8510
山形県米沢市城南4-3-16
山形大学 有機エレクトロニクス研究センター 10号館3階
電話:0238-26-3725
FAX:0238-26-3788

PAGETOP