• 有機半導体

    研究室独自での有機半導体の開発や、企業や連携研究室と共同研究を行い新規有機半導体の開発を行う。特に、印刷プロセスに適用可能な塗布系半導体の開発に力を入れています。合成した半導体は、X線分析、熱分析、光学分析などの分析から、デバイス作製までを一環して行うことができます。
    top-leftto-bottom
  • 有機材料やナノ材料を印刷することで作られる柔軟な電子デバイス

    フレキシブルフィルム上に有機半導体や有機強誘電体、金属ナノ粒子をインクジェット法などで印刷成膜し、極薄の電子デバイスを作製しています。厚さ3 µm以下の極薄デバイスは柔軟性が高く、絆創膏のように貼り付けられるヘルスケアデバイスへの応用が期待されます。
    top-leftto-bottom
  • 有機FET型バイオセンサの開発

    印刷可能・柔軟・高感度という有機FETの特徴を活かしたバイオセンサを開発しています。現在は、汗や唾液等の外分泌成分を対象としたウエアラブルセンサを開発しており、病気やストレス等の生体内情報を非侵襲に、安定してモニタリング可能なセンサの実現を目指しています。
    top-leftto-bottom
  • フレキシブルでストレッチャブルな印刷型物理センサ

    印刷可能・柔軟・高感度という特徴を活かした物理センサを開発しています。特に、圧力や曲げ、引っ張りなどで発生する応力を検出対象としたフレキシブルセンサやストレッチャブルセンサを作製し、ロボットやヘルスケアに適したデバイスの実現を目指しています。
    top-leftto-bottom
  • フレキシブルハイブリットエレクトロニクス

    薄いプラスチックフィルムにスクリーン印刷により有機温度センサや積層配線を作製し、Si-LSIを実装したハイブリッドセンサを試作しました。有機エレクトロニクスのしなやかさとSi-LSIの高機能性を両立し、通信機能を搭載したセンサにより、体表面や商品の温度測定とデータの伝送に成功しました。
    top-leftto-bottom
  • 凸版反転印刷

    企業と連携を行い凸版反転印刷法に適した導電性インクの開発を行います。さらに実際に印刷を行い、回路の配線や有機トランジスタの電極としての機能性評価等を行い、インクの印刷性や電極表面処理や耐熱性などを考慮し、集積回路の作製プロセスの開発を行います。
    top-leftto-bottom
  • 3D-Printed Electronics

    曲面や立体物表面上に、直接、機能性材料を印刷し、電子デバイスを作製するための各種印刷技術の開発を行っています。現在、OIJ印刷(左写真)、SBG印刷(右写真)等、4種類の印刷技術について研究・開発中です。
    top-leftto-bottom
  • 金属ナノ粒子インクの開発

    印刷TFTの高性能化を目的とした低温焼結型の金属ナノ粒子インクの開発を行っています。印刷TFTで課題となる、配線の微細化や半導体層とのエネルギー障壁の低減に向け、金属ナノ粒子の粒子設計やインク化技術の開発を行っています。
    top-leftto-bottom
  • 大面積印刷プロセス技術

    大面積・高精細な電子回路形成に適用できるロールtoロールインクジェット印刷プロセス技術の開発に取り組んでいます。幅900mmのロールフィルムを流しながら連続でインクジェット印刷を行い、TFTアレイやセンサデバイスの試作開発を行っています。
    top-leftto-bottom

メンバー
技術補佐員 大友 弘恵(おおとも ひろえ)さんが研究室のスタッフメンバーに加わりました。

Pick Up News
11月5日(火) 開催「第6回 フレキシブル有機エレクトロニクス研究会」申込受付中!お申し込みはこちらから!

求人
【求人公募】研究室では只今スタッフを広く募集しています!

招待講演
10月24日(木) 米沢市医師会館創立98周年記念式(米沢市医師会館 2階講堂)にて時任教授の招待講演「フレキシブル有機センサの研究開発と実用化 ― ヘルスケアからメディカル応用まで ―」があります。

招待講演
11月1日(金)日本MID協会定期講演会(東京大学生産技術研究所 )にて時任教授の招待講演「3Dプリンテッドエレクトロ二クス技術の創成と期待」があります。

新聞記事
10月10日 (木) 山形新聞 紙面及びYamagata News Onlineにて、時任・熊木・関根研究室とNDソフトウェアが共同開発した超薄型のセンサーが「要介護者の異変「見守り」」と題して掲載されました。

新聞記事
10月9日 (水) 日本経済新聞 WEB版 (地域経済) にて、時任・熊木・関根研究室とNDソフトウェアが共同開発した超薄型のセンサーが「介護用薄型センサー開発 山形大など、シート状 心拍や呼吸測定」と題して掲載されました。

新聞記事
10月9日 (水) 日本経済新聞 WEB版 (北海道・東北) にて、時任・熊木・関根研究室とNDソフトウェアが共同開発した超薄型のセンサーが「山形大など介護用薄型センサー開発」と題して掲載されました。

新聞記事
10月9日(水) FNN プライムオンライン 地域ニュースにて、時任・熊木・関根研究室とNDソフトウェアが共同開発した超薄型のセンサーについて「0.5ミリ薄型センサーで心拍キャッチ・県内企業が「介護見守り用」に採用 介護する側される側双方の負担軽減へ 山形」と題して掲載がありました。

新聞記事
10月9日(水) YTS 山形テレビ YTSニュース WEB版にて、時任・熊木・関根研究室とNDソフトウェアが共同開発した超薄型のセンサーについて「山形大学が開発の超薄型シートセンサー発売へ」と題して掲載されました。

報道発表
10月9日(水) YTS 山形テレビにて、時任・熊木・関根研究室とNDソフトウェアが共同開発した超薄型のセンサーについて「実用化 超薄型シートで介護支援 山大とNDソフト開発」と題して報道がありました。

新聞記事
10月9日(水) NHK NEWS WEB (山形 NEWS WEB)にて、時任・熊木・関根研究室とNDソフトウェアが共同開発した超薄型のセンサーが「山大などが見守りセンサー開発」と題して掲載されました。

報道発表
10月9日(水) NHKニュース (山形放送局) にて、時任・熊木・関根研究室とNDソフトウェアが共同開発した超薄型のセンサーについて「厚さ0.5ミリの超薄型/体調見守りセンサー開発」と題して報道がありました。

新聞記事
10月9日(水) さくらんぼテレビ Live News (WEB版)にて、時任・熊木・関根研究室とNDソフトウェアが共同開発した超薄型のセンサーが「0.5ミリ薄型センサーで心拍キャッチ・県内企業が「介護見守り用」に採用 介護する側される側双方の負担軽減へ 10/ 9」と題して掲載されました。

報道発表
10月9日(水) さくらんぼテレビの番組「ライブニュース」にて、時任・熊木・関根研究室とNDソフトウェアが共同開発した超薄型のセンサーについて「超薄型シートセンサー介護施設で実用化」と題して報道がありました。

ニュース一覧    外部発表一覧

  • 研究室イベント写真
  • 研究紹介動画
【時任研究室所在地】
所在地:〒992-8510
山形県米沢市城南4-3-16
山形大学 有機エレクトロニクス研究センター 10号館3階
電話:0238-26-3725
FAX:0238-26-3788

PAGETOP