• 有機半導体

    研究室独自での有機半導体の開発や、企業や連携研究室と共同研究を行い新規有機半導体の開発を行う。特に、印刷プロセスに適用可能な塗布系半導体の開発に力を入れています。合成した半導体は、X線分析、熱分析、光学分析などの分析から、デバイス作製までを一環して行うことができます。
    top-leftto-bottom
  • 有機材料やナノ材料を印刷することで作られる柔軟な電子デバイス

    フレキシブルフィルム上に有機半導体や有機強誘電体、金属ナノ粒子をインクジェット法などで印刷成膜し、極薄の電子デバイスを作製しています。厚さ3 µm以下の極薄デバイスは柔軟性が高く、絆創膏のように貼り付けられるヘルスケアデバイスへの応用が期待されます。
    top-leftto-bottom
  • 有機FET型バイオセンサの開発

    印刷可能・柔軟・高感度という有機FETの特徴を活かしたバイオセンサを開発しています。現在は、汗や唾液等の外分泌成分を対象としたウエアラブルセンサを開発しており、病気やストレス等の生体内情報を非侵襲に、安定してモニタリング可能なセンサの実現を目指しています。
    top-leftto-bottom
  • フレキシブルでストレッチャブルな印刷型物理センサ

    印刷可能・柔軟・高感度という特徴を活かした物理センサを開発しています。特に、圧力や曲げ、引っ張りなどで発生する応力を検出対象としたフレキシブルセンサやストレッチャブルセンサを作製し、ロボットやヘルスケアに適したデバイスの実現を目指しています。
    top-leftto-bottom
  • フレキシブルハイブリットエレクトロニクス

    薄いプラスチックフィルムにスクリーン印刷により有機温度センサや積層配線を作製し、Si-LSIを実装したハイブリッドセンサを試作しました。有機エレクトロニクスのしなやかさとSi-LSIの高機能性を両立し、通信機能を搭載したセンサにより、体表面や商品の温度測定とデータの伝送に成功しました。
    top-leftto-bottom
  • 凸版反転印刷

    企業と連携を行い凸版反転印刷法に適した導電性インクの開発を行います。さらに実際に印刷を行い、回路の配線や有機トランジスタの電極としての機能性評価等を行い、インクの印刷性や電極表面処理や耐熱性などを考慮し、集積回路の作製プロセスの開発を行います。
    top-leftto-bottom
  • 3D-Printed Electronics

    曲面や立体物表面上に、直接、機能性材料を印刷し、電子デバイスを作製するための各種印刷技術の開発を行っています。現在、OIJ印刷(左写真)、SBG印刷(右写真)等、4種類の印刷技術について研究・開発中です。
    top-leftto-bottom
  • 金属ナノ粒子インクの開発

    印刷TFTの高性能化を目的とした低温焼結型の金属ナノ粒子インクの開発を行っています。印刷TFTで課題となる、配線の微細化や半導体層とのエネルギー障壁の低減に向け、金属ナノ粒子の粒子設計やインク化技術の開発を行っています。
    top-leftto-bottom
  • 大面積印刷プロセス技術

    大面積・高精細な電子回路形成に適用できるロールtoロールインクジェット印刷プロセス技術の開発に取り組んでいます。幅900mmのロールフィルムを流しながら連続でインクジェット印刷を行い、TFTアレイやセンサデバイスの試作開発を行っています。
    top-leftto-bottom

招待講演
6月3日(木) KFPE (Korea Flexible & Printed Electronics Society)の international 3D, 4D printing online seminar(zoom開催)にて時任教授の招待講演"Flexible and Printed Organic Sensors and IoT Applications"があります。

研究発表
当研究室と東京理科大との共同研究の成果が「汗中乳酸から高出力を生み出す薄膜型ウェアラブルバイオ燃料電池アレイを開発」と題して4月12日にYou tube配信されました。

新聞記事
当研究室と東京理科大との共同研究の成果が「汗で発電するウエアラブル電池アレイ 東京理大など研究グループが開発 基板材料に和紙採用」と題して3月15日付の電波新聞に掲載されました。

論文
おめでとうございます!Wang助教の論文"Fully Printed PEDOT:PSS-based Temperature Sensor with High Humidity Stability for Wireless Healthcare Monitoring"が、Scientific Reports誌の2020年にダウンロードされた材料科学論文トップ100に入りました。

論文
関根助教によるすべり感知のためのソフト触覚センサに関する論文がSmall Science誌(Small Science, vol. 1, pp: 2100002-21000010 (2021))に掲載され、Inside Front Coverに選出されました。

お知らせ
おめでとうございます!時任研の学生 B4の本村祐希さんが山形大学秦逸三賞 ・B4の伊藤圭汰さんが山形大学優秀学生賞 ・B4の千葉峻也さんが山形大学優秀学生賞を受賞されました。

イベント
ご卒業おめでとうございます。時任研究室からは博士1名、修士4名、学部6名の学生が学位を授与されました。

お知らせ
当研究室が開発したシート型センサを実装した椅子(スマーチェア)に関してその応用展開をKDDI総合研究所と共同研究で進めています。その応用イメージが以下のURLで公開となっています。

お知らせ
時任研究室 オフィスは有機エレクトロニクス研究センター 工学部10号館3階305室となります。

論文
D3 佐々木 開君の論文"Constructive Optimization of a Multienzymatic Film Based on a Cascade Reaction for Electrochemical Biosensors"がACS Omegaにweb掲載されました。

招待講演
2月18日(木)15:15-16:00「次世代センサ総合シンポジウム ニューノーマル時代のセンサ技術を考える 」(オンライン)にて芝 プロジェクト教授の講演会がありました。

論文
当研究室卒業生 市村 祐介さんの論文"A fully screen-printed potentiometric chloride ion sensor employing a hydrogel-based touchpad for simple and non-invasive daily electrolyte analysis"がAnalytical and Bioanalytical Chemistryにオンライン掲載されました。

総説・解説
時任教授の研究者エッセイ「大学での産学官連携に行き着くまで」と題して、JST産学官連携ジャーナルの1月号に掲載されました。大学発ベンチャー事業「(株)フューチャーインク」と、「シートセンサ」について紹介しています。

招待講演
2月24日(水)Virtual FLEX Conference & Exhibition 2021(Virtual via the Zoom platform combined with the networking platform Swap Card )にて産学連携教授 Clay Shepherd先生の招待講演があります。

論文
東京理科大の四反田 功先生と当研究室との共同研究の論文"Paper-based Lactate Biofuel Cell Array with High Power Output" がJournal of Power Sourcesに受理されました。

ニュース一覧    外部発表一覧

  • 研究室イベント写真
  • 研究紹介動画
【時任研究室所在地】
所在地:〒992-8510
山形県米沢市城南4-3-16
山形大学 有機エレクトロニクス研究センター 10号館3階
電話:0238-26-3725
FAX:0238-26-3788

PAGETOP