• 有機半導体

    研究室独自での有機半導体の開発や、企業や連携研究室と共同研究を行い新規有機半導体の開発を行う。特に、印刷プロセスに適用可能な塗布系半導体の開発に力を入れています。合成した半導体は、X線分析、熱分析、光学分析などの分析から、デバイス作製までを一環して行うことができます。
    top-leftto-bottom
  • 有機材料やナノ材料を印刷することで作られる柔軟な電子デバイス

    フレキシブルフィルム上に有機半導体や有機強誘電体、金属ナノ粒子をインクジェット法などで印刷成膜し、極薄の電子デバイスを作製しています。厚さ3 µm以下の極薄デバイスは柔軟性が高く、絆創膏のように貼り付けられるヘルスケアデバイスへの応用が期待されます。
    top-leftto-bottom
  • 有機FET型バイオセンサの開発

    印刷可能・柔軟・高感度という有機FETの特徴を活かしたバイオセンサを開発しています。現在は、汗や唾液等の外分泌成分を対象としたウエアラブルセンサを開発しており、病気やストレス等の生体内情報を非侵襲に、安定してモニタリング可能なセンサの実現を目指しています。
    top-leftto-bottom
  • フレキシブルでストレッチャブルな印刷型物理センサ

    印刷可能・柔軟・高感度という特徴を活かした物理センサを開発しています。特に、圧力や曲げ、引っ張りなどで発生する応力を検出対象としたフレキシブルセンサやストレッチャブルセンサを作製し、ロボットやヘルスケアに適したデバイスの実現を目指しています。
    top-leftto-bottom
  • フレキシブルハイブリットエレクトロニクス

    薄いプラスチックフィルムにスクリーン印刷により有機温度センサや積層配線を作製し、Si-LSIを実装したハイブリッドセンサを試作しました。有機エレクトロニクスのしなやかさとSi-LSIの高機能性を両立し、通信機能を搭載したセンサにより、体表面や商品の温度測定とデータの伝送に成功しました。
    top-leftto-bottom
  • 凸版反転印刷

    企業と連携を行い凸版反転印刷法に適した導電性インクの開発を行います。さらに実際に印刷を行い、回路の配線や有機トランジスタの電極としての機能性評価等を行い、インクの印刷性や電極表面処理や耐熱性などを考慮し、集積回路の作製プロセスの開発を行います。
    top-leftto-bottom
  • 3D-Printed Electronics

    曲面や立体物表面上に、直接、機能性材料を印刷し、電子デバイスを作製するための各種印刷技術の開発を行っています。現在、OIJ印刷(左写真)、SBG印刷(右写真)等、4種類の印刷技術について研究・開発中です。
    top-leftto-bottom
  • 金属ナノ粒子インクの開発

    印刷TFTの高性能化を目的とした低温焼結型の金属ナノ粒子インクの開発を行っています。印刷TFTで課題となる、配線の微細化や半導体層とのエネルギー障壁の低減に向け、金属ナノ粒子の粒子設計やインク化技術の開発を行っています。
    top-leftto-bottom
  • 大面積印刷プロセス技術

    大面積・高精細な電子回路形成に適用できるロールtoロールインクジェット印刷プロセス技術の開発に取り組んでいます。幅900mmのロールフィルムを流しながら連続でインクジェット印刷を行い、TFTアレイやセンサデバイスの試作開発を行っています。
    top-leftto-bottom

招待講演
11月16日(金)エレクトロニクス実装学会九州支部 九州エレクトロニクス実装講演会にて、関根助教の招待講演「印刷型有機圧力センサを用いた血流速度検出とヘルスケアへの応用展開」があります。

イベント
11月14日(水)第162回 有機エレクトロニクス研究センター講演会 千葉大学名誉教授 大坪 泰文 氏をお迎えし「印刷プロセスに関わる界面科学とレオロジー」の演題にてご講演頂きます。

イベント
11月9日(金)第161回 有機エレクトロニクス研究センター講演会 (公財)神経研究所 對木 悟 氏をお迎えし「工学研究者のための睡眠時無呼吸症の基礎知識」の演題にてご講演頂きました。

メンバー
研究支援者 茗荷 かおり(みょうが かおり)さんが研究室のスタッフメンバーに加わりました。

メンバー
技術補佐員 島貫 瑛子(しまぬき えいこ)さんが研究室のスタッフメンバーに加わりました。

メンバー
プロジェクト研究員 千葉 敏成(ちば としなり)さんが研究室のスタッフメンバーに加わりました。

招待講演
10月29日(月)~30日(火)学振分子系の複合電子機能第181委員会内講演 第31回研究会 (東京大学工学部2号館)にて関根助教の招待講演「印刷型PVDFセンサとウエアラブルセンサ応用」がありました。

招待講演
10月29日(月)~30日(火)学振分子系の複合電子機能第181委員会内講演 第31回研究会 (東京大学工学部2号館)にて松井准教授の招待講演「印刷型有機集積回路の実現とバイオセンサ応用」がありました。

招待講演
10月28日(日)一般社団法人米沢工業会 茨城支部総会(ホテル・テラス・ザ・スクエア日立)にて、芝教授の招待講演がありました。

総説・解説
関根助教による解説「ソフトロボットの触感機能へのフレキシブル印刷型有機圧力センサの応用」が機械設計 2018年11月号(2018 Vol.62 No.12)に主要記事として掲載されました。

招待講演
10月24日(水)The 8th Flexible and printed Electronics Korea Symposium(2018FPEK)(Haeujndae Centum Hotel、釜山)にて時任教授の招待講演「Prospects and Design of Organic Semiconductors for Flexible and Printed Electronics」がありました。

招待講演
10月18日(木)Japan Robot Week 2018セミナー(東京ビッグサイト 会議棟)において関根助教の招待講演「ソフトセンサによる産業用ロボットのイノベーション~ずりセンサによるハンドリング革命とストレッチャブル配線のインパクト~」がありました。

論文
M2 眞野 泰誠 君の論文“Printed Organic Transistor-based Enzyme Sensor for Continuous Glucose Monitoring in Wearable Healthcare Applications”がChemElectroChem誌にオンライン掲載されました。

新聞記事
10月11日[Web掲載]日経 xTECH(クロステック)に竹田泰典助教の第79回応用物理学会秋季学術講演会での発表に関する記事「工程数半減、積層構造をなくした有機インバーター回路」が掲載されました。

招待講演
10月5日(金)日本写真学会主催第6回アンビエント技術セミナー(富士フイルム 東京ミッドタウン本社)にて、時任教授の講演「 印刷可能な新規n型有機半導体の開発と印刷型有機集積回路応用」がありました。

ニュース一覧    外部発表一覧

  • 研究室イベント写真
  • 研究紹介動画
【時任教授室・研究室事務室】
所在地:〒992-8510
山形県米沢市城南4-3-16
山形大学
有機エレクトロニクス研究センター
10号館3階
電話:0238-26-3725
FAX:0238-26-3788

PAGETOP