• 研究室の研究領域

    top-leftto-bottom
  • 有機半導体回路

    企業と協力して、新規にp型およびn型有機半導体材料の開発を行っています。また、それら材料のインク化技術とインクジェット法などの印刷法を用いて、有機薄膜トランジスタ(有機TFT)および有機集積回路の作製と性能評価を進めています。
    top-leftto-bottom
  • ソフトセンシング技術

    印刷可能・柔軟・高感度という特徴を活かした物理センサを開発しています。特に、圧力や曲げ、引っ張りなどで発生する応力を検出対象としたフレキシブルセンサやストレッチャブルセンサを作製し、ロボットやヘルスケアに適したデバイスの実現を目指しています。
    top-leftto-bottom
  • フレキシブルハイブリットエレクトロニクス技術

    薄いプラスチックフィルム上に印刷法によりアンテナや積層配線を作製し、Si-LSIを実装したハイブリッドセンサを試作しています。有機エレクトロニクスのしなやかさとSi-LSIの高機能性を両立し、通信機能を搭載したセンサにより体表面や商品の温度データを伝送しています。
    top-leftto-bottom
  • 超微細印刷技術

    企業と連携をし凸版反転印刷法に適した導電性インクの開発を行っています。さらに、印刷実験によって、回路の配線や有機トランジスタの電極としての機能性評価を行い、インクの印刷性、電極表面処理効果、耐熱性などを考慮の上、集積回路の作製プロセスの開発を行っています。
    top-leftto-bottom
  • 金属ナノ粒子インクの開発

    印刷TFTの高性能化を目的とした低温焼結型の金属ナノ粒子インクの開発を行っています。印刷TFTで課題となる、配線の微細化や半導体層とのエネルギー障壁の低減に向け、金属ナノ粒子の粒子設計やインク化技術の開発を行っています。
    top-leftto-bottom
  • 大面積センサ技術

    非拘束(設置して寝るだけ)でストレス無く心拍・呼吸などのバイタル信号や体動を連続で計測可能な大面積のセンサの開発を行っています。薄型で柔軟なため、布団下やマットレス下などどこでも容易に設置可能で、高齢者介護施設や在宅介護等への適用が期待できます。

    top-leftto-bottom
  • ロボットセンシング技術

    ロボットの筐体やグリップ(ハンド)にフレキシブルセンサを実装することで、IoT技術と連携したシステムを構築し、安全性や作業効率の大幅な向上、さらには新しい応用分野を切り開きます。特に、グリップに触覚機能を付与することで、その把持力を制御可能にします。
    top-leftto-bottom
  • 令和2年度 卒業・修了生

    top-leftto-bottom

論文
当研究室と韓国のPOSTECHとの共同研究の論文"Layout-to-Bitmap Conversion and Design Rules for Inkjet-Printed Large-Scale Integrated Circuits" がLangmuirに掲載されました。

論文
当研究室とクイーンズランド工科大学との共同研究の論文"Single and dual-gate organic field-effect transistors based on diketopyrrolopyrrole-diethienothiophene polymers: performance modulation via dielectric interfaces"がMaterials Research Expressに掲載されました。

論文
Wang助教の論文"Deep Eutectic Solvent Induced Porous Conductive Composite for Fully Printed Piezoresistive Pressure Sensor"がAdvanced Materials Technologiesに掲載されました。

お知らせ
7月15日発行「コンバーテック 2021 Vol.580 No.49」の「エレクトロニクス」に、当研究室関連記事が「IoTを支えるフレキシブルハイブリッドエレクトロニクス。印刷技術・材料の蓄積が物流用HFEセンサを生み出す」と題して掲載されました。

採択
長峯准教授(研究統括者)の研究課題「農作物における病害の発症前検知を目的とした非破壊その場ケミカルセンシング法の開発とその応用に向けた基盤技術の開発」がR3年度「イノベーション創出強化研究推進事業」(生物系特定産業技術研究支援センター)に採択されました。おめでとうございます!

お知らせ
当研究室では、印刷で作製するフレキシブル有機センサのIoT社会への応用展開を、”ソフトセンシング”という新しい分野として捉え、その研究開発を進めています。例えば、これから重要となるロボット分野に注目し、ロボットの状態把握、作業者の接近感知、ハンドの把持力制御の研究を行っています。最新成果を右側のバーナーに紹介しています。

論文
プロジェクト研究員Subhash Singh (スバッシュ・シン)さんの論文“Flexible high-performance organic thin film transistors and PMOS inverters: Trap controlled grain boundaries and contact resistance effect in different channel length devices”がSynthetic Metalsに掲載されました。

論文
プロジェクト研究員Subhash Singh (スバッシュ・シン)さんの論文“Flexible Low-Voltage Organic Thin Film Transistors and PMOS Inverters: Effect of Channel Width on Noise Margin”がJournal of Physics D: Applied Physicsに掲載されました。

論文
当研究室と韓国のPOSTECHとの共同研究の論文"Flexible and Printed Organic Nonvolatile Memory Transistor with Bilayer Polymer Dielectrics"がAdvanced Materials Technologiesに掲載されました。

招待講演
7月2日(金)CEA(Commissariat à l’énergie atomique et aux énergies alternatives)のinternal laboratory web scientific seminar(オンライン開催)にて時任教授の招待講演"Flexible and Printed Organic Sensors and IoT Applications"がありました。

招待講演
6月5日(土)日本体力医学会東北地方会第29回大会(山形県立米沢栄養大学)にて時任教授の特別講演「フレキシブル有機センサの健康管理・医療応用」がありました。

招待講演
6月3日(木) KFPE (Korea Flexible & Printed Electronics Society)の international 3D, 4D printing online seminar(zoom開催)にて時任教授の招待講演"Flexible and Printed Organic Sensors and IoT Applications"がありました。

研究発表
当研究室と東京理科大との共同研究の成果が「汗中乳酸から高出力を生み出す薄膜型ウェアラブルバイオ燃料電池アレイを開発」と題して4月12日にYou tube配信されました。

新聞記事
当研究室と東京理科大との共同研究の成果が「汗で発電するウエアラブル電池アレイ 東京理大など研究グループが開発 基板材料に和紙採用」と題して3月15日付の電波新聞に掲載されました。

論文
おめでとうございます!Wang助教の論文"Fully Printed PEDOT:PSS-based Temperature Sensor with High Humidity Stability for Wireless Healthcare Monitoring"が、Scientific Reports誌の2020年にダウンロードされた材料科学論文トップ100に入りました。

ニュース一覧    外部発表一覧

  • 研究室イベント写真
  • 研究紹介動画
【時任研究室所在地】
所在地:〒992-8510
山形県米沢市城南4-3-16
山形大学 有機エレクトロニクス研究センター 10号館3階
電話:0238-26-3725
FAX:0238-26-3788

PAGETOP