• 有機半導体

    研究室独自での有機半導体の開発や、企業や連携研究室と共同研究を行い新規有機半導体の開発を行う。特に、印刷プロセスに適用可能な塗布系半導体の開発に力を入れています。合成した半導体は、X線分析、熱分析、光学分析などの分析から、デバイス作製までを一環して行うことができます。
    top-leftto-bottom
  • 有機材料やナノ材料を印刷することで作られる柔軟な電子デバイス

    フレキシブルフィルム上に有機半導体や有機強誘電体、金属ナノ粒子をインクジェット法などで印刷成膜し、極薄の電子デバイスを作製しています。厚さ3 µm以下の極薄デバイスは柔軟性が高く、絆創膏のように貼り付けられるヘルスケアデバイスへの応用が期待されます。
    top-leftto-bottom
  • 有機FET型バイオセンサの開発

    印刷可能・柔軟・高感度という有機FETの特徴を活かしたバイオセンサを開発しています。現在は、汗や唾液等の外分泌成分を対象としたウエアラブルセンサを開発しており、病気やストレス等の生体内情報を非侵襲に、安定してモニタリング可能なセンサの実現を目指しています。
    top-leftto-bottom
  • フレキシブルでストレッチャブルな印刷型物理センサ

    印刷可能・柔軟・高感度という特徴を活かした物理センサを開発しています。特に、圧力や曲げ、引っ張りなどで発生する応力を検出対象としたフレキシブルセンサやストレッチャブルセンサを作製し、ロボットやヘルスケアに適したデバイスの実現を目指しています。
    top-leftto-bottom
  • フレキシブルハイブリットエレクトロニクス

    薄いプラスチックフィルムにスクリーン印刷により有機温度センサや積層配線を作製し、Si-LSIを実装したハイブリッドセンサを試作しました。有機エレクトロニクスのしなやかさとSi-LSIの高機能性を両立し、通信機能を搭載したセンサにより、体表面や商品の温度測定とデータの伝送に成功しました。
    top-leftto-bottom
  • 凸版反転印刷

    企業と連携を行い凸版反転印刷法に適した導電性インクの開発を行います。さらに実際に印刷を行い、回路の配線や有機トランジスタの電極としての機能性評価等を行い、インクの印刷性や電極表面処理や耐熱性などを考慮し、集積回路の作製プロセスの開発を行います。
    top-leftto-bottom
  • 3D-Printed Electronics

    曲面や立体物表面上に、直接、機能性材料を印刷し、電子デバイスを作製するための各種印刷技術の開発を行っています。現在、OIJ印刷(左写真)、SBG印刷(右写真)等、4種類の印刷技術について研究・開発中です。
    top-leftto-bottom
  • 金属ナノ粒子インクの開発

    印刷TFTの高性能化を目的とした低温焼結型の金属ナノ粒子インクの開発を行っています。印刷TFTで課題となる、配線の微細化や半導体層とのエネルギー障壁の低減に向け、金属ナノ粒子の粒子設計やインク化技術の開発を行っています。
    top-leftto-bottom
  • 大面積印刷プロセス技術

    大面積・高精細な電子回路形成に適用できるロールtoロールインクジェット印刷プロセス技術の開発に取り組んでいます。幅900mmのロールフィルムを流しながら連続でインクジェット印刷を行い、TFTアレイやセンサデバイスの試作開発を行っています。
    top-leftto-bottom

研究発表
10月10日 The 7th International Conference on Smart Systems Engineering 2019 (Yamagata Unv., MIRAI Hall, Yonezawa Japan)にてD2 佐々木 開 君のポスター発表"Optimization of 3D Arrangement of Two Enzymes for an Electrochemical Biosensor"がありました。

研究発表
9月19日 第2期COI学会(日本科学未来館, 未来館ホール 江東区, 東京都)にて熊木准教授のポスター発表 "新規センシング応用に向けた機能性銀ナノ粒子の開発"がありました。

研究発表
9月12日 OPERA全体会議・第2回ソフトロボ創世シンポジウム (山形大学, 米沢キャンパス)にてWang助教のポスター発表"Printed Piezoresistive Strain Sensors with  High Sensitivity and Broad Sensing Range"がありました。

研究発表
9月6日 2019年 電気化学会秋季大会 (山梨大学, 甲府キャンパス, 甲府市, 山梨県)にて長峯准教授の口頭発表"汗成分計測を目指した印刷有機トランジスタ型酵素センサの開発"がありました。

研究発表
9月5日 2019年 電気化学会秋季大会 (山梨大学, 甲府キャンパス, 甲府市, 山梨県)にてD1 丸山 祐樹 君の口頭発表"イオン液体中における安定有機ラジカルTEMPOの電気化学的挙動と速度論解析"がありました。

研究発表
9月5日 第13回バイオ関連化学シンポジウム (東北大学,青葉山キャンパス, 仙台市, 宮城県)にてD2 佐々木 開 君の口頭発表"電荷蓄積型電極を用いた積層酵素膜上でのアンモニアの高感度検出"がありました。

求人
【求人公募】研究室では只今スタッフを広く募集しています!

招待講演
2020年1月31日第36回 米沢市工業立地セミナーにて時任教授の招待講演があります。

招待講演
2020年2月26日(水) The 2nd Annual Conference on Chemical Sensors for Wearable Devices (Technion-Israel-Israel Institute of Technology Haifa, Israel)にて時任教授の基調講演 ”Flexible Printed Biosensors for Healthcare and Medical Applications”があります。

採択
D2 佐々木 開 君、D1 丸山 祐樹 君が令和2年度 日本学術振興会 【特別研究員 DC2】に採用内定となりました。(採用期間令和2年4月1日〜令和4年3月31日)

論文
当研究室とタンペレ大学 (フィンランド) との共同研究成果による論文 “A Fully Printed Ultra-Thin Charge Amplifier for On-Skin Biosignal Measurements”がElectron Devices Society 誌に掲載されました。

研究発表
12月3日(火)MRS Fall Meeting(ボストン,アメリカ)にて関根助教授の口頭発表 "Printed Wearable Multi Sensors on Soft Robotic Gripper for Detection of Tactile Signals ” がありました。

研究発表
12月3日(火)MRS Fall Meeting(ボストン,アメリカ)にて松井准教授のポスター発表 "Free Energy Minimization for the Prediction of Molecular Crystal Structures at Finite Temperatures" がありました。

論文
竹田助教の論文「電極表面修飾不要なp型半導体を用いた印刷型相補型集積回路」が画像学会誌 (Journal of the Imaging Society of Japan) に受理されました。

論文
当研究室と英国サリー大学との共同研究成果の論文 "Towards fully printed memristive elements: a-TiO2 electronic synapse from functionalized nanoparticle ink" がACS Publicationsに受理されました。

ニュース一覧    外部発表一覧

  • 研究室イベント写真
  • 研究紹介動画
【時任研究室所在地】
所在地:〒992-8510
山形県米沢市城南4-3-16
山形大学 有機エレクトロニクス研究センター 10号館3階
電話:0238-26-3725
FAX:0238-26-3788

PAGETOP