研究概要

有機エレクトロニクス研究センタープリンテッドデバイス技術研究部門

概 要

当研究部門は、有機材料の薄くて軽い、曲げられる、簡単にリサイクルできるなどの特長に加えて、低い温度でかつ印刷プロセスで大面積に作製できるという特長を活かして、環境に調和し、健康分野や人に優しい技術分野などの発展に資するとともに、関連の新しいイノベーション創出を目指しています。 研究領域としては、下記に列挙する材料創製から応用デバイスまでを網羅しており、それが当研究部門の強みでもあります。

■革新的特性・物性を有する有機材料・金属ナノ材料の創製
■有機デバイス作製のための印刷プロセス技術の構築
■実用レベルの印刷型有機トランジスタの開発
■有機集積回路、物理センサやバイオセンサ、ディスプレイ等の開発
■曲面・立体物表面への印刷が可能な新技術の開発
時任静士 センター長
卓越研究教授
時 任 静 士

スタッフ

スタッフ

研究成果の社会実装

印刷型センサとICT技術を融合した
スマート有機センサを社会実装する
ことで、健康長寿、安心・安全な社
会を実現します。

研究支援プログラム

●JST-COIプログラム
●JST-OPERAプログラム
●企業との産学連携研究

PAGETOP