• 有機半導体材料技術

    当研究室では、有機デバイスを構築するうえで重要な有機半導体などの材料も合成・開発しています。材料開発からデバイス構築までを一貫しておこなえるのが強みです。
    top-leftto-bottom
  • 金属ナノインク技術

    全印刷プロセスで高性能な有機集積回路を実現するためには、電極材料の高性能化が不可欠です。高精細な印刷プロセスに適応するインク特性や、半導体デバイスを高性能化するための界面設計技術を取り込んだ高機能な金属ナノ粒子インクの開発を行っています。
    top-leftto-bottom
  • 有機TFT高性能化技術

    デバイスを高性能化するためには、電極と有機半導体の界面制御や、ゲート絶縁膜と有機半導体の界面制御が非常に重要となります。印刷電極や塗布型有機半導体の界面制御技術に着目した、有機半導体の成膜法や有機半導体インクの開発を行っています。
    top-leftto-bottom
  • 有機電子集積回路技術

    有機トランジスタの特長である「柔軟性」と「大面積化」の実現を目指した研究を行います。超薄型のフィルム上に全ての層を印刷手法によって電子素子を作製する技術開発を進め、薄くて、軽くて、曲げられる、大面積集積回路を実現します。
    top-leftto-bottom
  • 有機バイオセンサ技術

    安価に作製することができる有機トランジスタ型センサは、これまで病院や研究所の特殊な計測器を使わないと検出できなかった物質を、誰もが手軽にいつでもその場で測定できる未来を実現するためのカギです。私達は、このような夢の達成に向けて日々研究しています。
    top-leftto-bottom
  • フレキシブルディスプレイ要素技術

    有機TFTはフレキシブル有機ELディスプレイの駆動回路への応用が期待されています。薄いプラスチックフィルム上に微細な有機TFT駆動回路を形成するための、バックプレーン作製に関する基盤技術の開発を行っています。
    top-leftto-bottom
  • 3Dプリンテッドエレクトロニクス

    表面に凹凸のある曲面上に、配線や電極、電子回路の作製を可能とする次世代印刷技術
    ただいま、協力企業を募集中!
    top-leftto-bottom


お知らせ
11月17日(金)日本写真学会主催第5回アンビエント技術セミナー『 プリンッテドエレクトロニクスとIoT技術 』(富士フイルム 東京ミッドタウン本社)にて、時任教授の講演「印刷型有機集積回路の進展とIoTセンサ分野への展開」があります。

メンバー
産学連携研究員 David Tang さんがメンバーに加わりました。

Pick Up News
10月13日(金)フレキシブル有機エレクトロニクス研究会第4回研究会を開催しました。

イベント
10月11日(水)第138回 有機エレクトロニクス研究センター講演会 産業技術総合研究所 牛島 洋史 氏をお招きし、ご講演いただきました。

お知らせ
2018年8月7日(火)~9日(木)、カナダ・オタワで開催される国際会議 2018 IEEE International Flexible Electronics Technology Conference (IEEE IFETC 2018)にて、時任教授が招待講義を行います。

メンバー
プロジェクト研究員 奥山 義浩(おくやま よしひろ)さんが研究室のメンバーに加わりました。

メンバー
産学連携研究員 須永さん、佐々木さん、菅原さん がメンバーに加わりました。

メンバー
10月1日 時任研究室/長峯研究室/松井研究室に学部3年生合せて15名が配属されました。

新聞記事
9月29日05:00配信 日経テクノロジーオンラインに、時任研究室関連記事「わずか23個のOTFTで実現可能に、有機非接触ICタグ」が掲載されました。

新聞記事
9月28日05:00配信 日経テクノロジーオンラインに、時任研究室関連記事「凸版反転印刷で、有機CMOS集積回路を低電圧駆動」が掲載されました。

新聞記事
9月28日05:00配信 日経テクノロジーオンラインに、時任研究室関連記事「医療・健康、食の安全に貢献、バイオセンサーを開発」が掲載されました。

お知らせ
9月27日(水)MDPIジャーナルに時任教授の特集号 "Semiconducting Polymer for Organic Transistors"が掲載されました

受賞
M1 中村裕之 君が第26回マイクロエレクトロニクスシンポジウム 秋季大会においての口頭発表「ソフトブランケットグラビア( SBG )印刷技術による線幅が異なる銀配線の同時印刷」で【MES2016 研究奨励賞】を受賞し、受賞楯の授与がありました。おめでとうございます!

新聞記事
9月14日(木)付 電子デバイス産業新聞〈3面〉にROEL/時任研究室記事「有機エレクトロニクスの未来(最終回)」が掲載されました。

新聞記事
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の広報誌に、時任研究室/フューチャーインク社関連記事「大学の高い技術を背景に次世代のインクを開発」が掲載されました。

ニュース一覧へ


招待講演
10月12日(木)平成29年度東北地区コンベンション推進協議会研修会 (伝国の杜 米沢)にて、時任教授の基調講演「地方都市における国際会議の企画・開催、そして課題」がありました。

招待講演
10月6日(金)2017 EXPO SERIA-EAST (大田区産業プラザPio 大ホール 東京)にて、時任教授の特別講演「PE(プリンテッドエレクトロニクス)の最新技術」がありました。

招待講演
10月6日(金)2017年度有機エレクトロニクス講習会(御茶ノ水 化学会館)にて、松井准教授の講演「ウェアラブルデバイスに向けた省電力有機トランジスタ回路」がありました。

論文
竹田助教の論文“Organic Complementary Inverter Circuits Fabricated with Reverse Offset Printing”がAdvanced Electronic Materialsにアクセプトされました。

招待講演
9月26日(火)~27日(水)国際会議Swiss ePrint -The Swiss Conference on Printed Electronics and Functional Materials(Basel, Switzerland)において、時任教授の基調講演がありました。

依頼講演
9月25日(月)JOEMアカデミー2017 第2回 (山形大学工学部 米沢)にて、熊木准教授の依頼講演がありました。

招待講演
9月19日(火)~22日(金)国際会議SSDM2017(仙台国際センター)において、時任教授の招待講演がありました。

論文
M2 佐々木由比さんの論文“An organic transistor-based electrical assay for copper(II) in water”がElectrochemistryにアクセプトされました。

依頼講演
9月9日(土)~12日(火) 日本分析化学会第66年会(東京理科大学葛飾キャンパス)において時任教授の依頼講演「フレキシブル・プリンテッド有機エレクトロニクス技術のバイオセンサ分野への応用展開」がありました。

ポスター
9月7日(木)~9日(土)第11回バイオ関連化学シンポジウム(東京大学 弥生キャンパス)において、M2 佐々木由比さんのポスター発表がありました。

研究発表
9月5日(火)~8日(金)第78回応用物理学会秋季学術講演会(福岡)において、時任研究室より6件の口頭発表と1件のポスター発表がありました。

招待講演
9月4日(月)~7日(木) 国際会議【2017ICFPE】(The SHILLA HOTEL,韓国)において、長峯准教授の招待講演「Development of an Organic Field-Effect Transistor-Based Biosensor for Application in Personal Healthcare」がありました。

招待講演
9月4日(月)~7日(木) 国際会議【2017ICFPE】(The SHILLA HOTEL,韓国)において、関根助教の招待講演「Printed Wearable Physical Sensor using Ferroelectric Polymer」がありました。

研究発表
8月29日(火)~30日(水)第27回 マイクロエレクトロニクスシンポジウム MES2017(中京大学 名古屋キャンパス)において、泉産学連携准教授、吉田研究員の口頭発表がありました。

論文
M2 早坂和将君の論文“Compact Organic Complementary D-Type Flip-Flop Circuits Fabricated with Inkjet Printing”がAdvanced Electronic Materialsに掲載されました。

外部発表一覧へ

  • 研究紹介動画
【時任教授室・研究室事務室】
所在地:〒992-8510
山形県米沢市城南4-3-16
山形大学
有機エレクトロニクス研究センター
10号館3階
電話:0238-26-3725
FAX:0238-26-3788

PAGETOP