• 有機半導体材料技術

    当研究室では、有機デバイスを構築するうえで重要な有機半導体などの材料も合成・開発しています。材料開発からデバイス構築までを一貫しておこなえるのが強みです。
    top-leftto-bottom
  • 金属ナノインク技術

    全印刷プロセスで高性能な有機集積回路を実現するためには、電極材料の高性能化が不可欠です。高精細な印刷プロセスに適応するインク特性や、半導体デバイスを高性能化するための界面設計技術を取り込んだ高機能な金属ナノ粒子インクの開発を行っています。
    top-leftto-bottom
  • 有機TFT高性能化技術

    デバイスを高性能化するためには、電極と有機半導体の界面制御や、ゲート絶縁膜と有機半導体の界面制御が非常に重要となります。印刷電極や塗布型有機半導体の界面制御技術に着目した、有機半導体の成膜法や有機半導体インクの開発を行っています。
    top-leftto-bottom
  • 有機電子集積回路技術

    有機トランジスタの特長である「柔軟性」と「大面積化」の実現を目指した研究を行います。超薄型のフィルム上に全ての層を印刷手法によって電子素子を作製する技術開発を進め、薄くて、軽くて、曲げられる、大面積集積回路を実現します。
    top-leftto-bottom
  • 有機バイオセンサ技術

    安価に作製することができる有機トランジスタ型センサは、これまで病院や研究所の特殊な計測器を使わないと検出できなかった物質を、誰もが手軽にいつでもその場で測定できる未来を実現するためのカギです。私達は、このような夢の達成に向けて日々研究しています。
    top-leftto-bottom
  • フレキシブルディスプレイ要素技術

    有機TFTはフレキシブル有機ELディスプレイの駆動回路への応用が期待されています。薄いプラスチックフィルム上に微細な有機TFT駆動回路を形成するための、バックプレーン作製に関する基盤技術の開発を行っています。
    top-leftto-bottom
  • 3Dプリンテッドエレクトロニクス

    表面に凹凸のある曲面上に、配線や電極、電子回路の作製を可能とする次世代印刷技術
    ただいま、協力企業を募集中!
    top-leftto-bottom


お知らせ
9月26日(火)~27日(水)国際会議Swiss ePrint -The Swiss Conference on Printed Electronics and Functional Materials(Basel, Switzerland)において、時任教授の基調講演があります。

お知らせ
9月19日(火)~22日(金)国際会議SSDM2017(仙台国際センター)において、時任教授の招待講演があります。

お知らせ
8月4日(金)第374回ゴム技術フォーラム月例会(山形大学米沢キャンパス)にて、時任教授の招待講演「3Dプリンテッドエレクトロニクス技術の創製」があります。

お知らせ
7月15日(土)米沢工業会山形支部29年度総会・講演会(山形グランドホテル)において時任教授の講演「プリンテッド有機エレクトロニクスからの新産業創出」があります。

イベント
7月13日(木) 有機エレクトロニクス研究センター講演会 三菱電機 小平紀生(こだいらのりお) 氏をお招きし、ご講演いただきます。

その他
M2 佐々木由比さんの論文“A molecular self-assembled colourimetric chemosensor array for simultaneous detection of metal ions in water”がChemical Communications誌のInside Front Coverに選定されました。

メンバー
産学連携研究員 村瀬 友英さんがメンバーに加わりました。

新聞記事
6月1日(木)付 電子デバイス産業新聞〈1面〉に「半導体・オブ・ザ・イヤー受賞8製品を選定」が掲載されました。

受賞
時任研究室と宇部興産株式会社で共同開発した「印刷有機集積回路に適用可能なN型有機半導体」が電子デバイス産業新聞が主催する半導体・オブ・ザ・イヤー2017の【半導体電子材料部門グランプリ】を受賞しました。おめでとうございます!

受賞
関根智仁助教が第33回 強誘電体応用会議においての口頭発表「フォースセンサー応用を目指した全印刷型強誘電性キャパシタ」で【優秀発表賞】を受賞しました。おめでとうございます!

受賞
M2佐々木由比さんが第 77 回分析化学討論会での発表「自己組織型比色ケモセンサーアレイによる金属イオン類の同時検出」で【産業界シンポジウム若手ポスター賞】を受賞しました。おめでとうございます!

採択
M2 佐々木由比さんが、公益財団法人 林レオロジー記念財団 第4回奨学生に採用されました。

イベント
5月17日(水) 第133回 有機エレクトロニクス研究センター講演会 東京大学特任研究員 酒井真理 氏をお招きし「インクジェット技術とその応用」の演題でご講演いただきました。

受賞
M1 中村君のMES2016での口頭発表「ソフトブランケットグラビア( SBG )印刷技術による線幅が異なる銀配線の同時印刷」が【MES2016 研究奨励賞】 を受賞しました。おめでとうございます!

新聞記事
4月24日05:00配信 日経テクノロジーオンラインに、時任教授関連記事「印刷で有機トランジスタの集積回路、低電圧化も急進展」が掲載されました。

ニュース一覧へ


論文
M2 佐々木由比さんの共著論文“Label-Free Direct Electrical Detection of a Histidine-Rich Protein with Sub-Femtomolar Sensitivity using an Organic Field-Effect Transistor”がChemistryOpenに掲載されました。

ポスター
6月3日(土)~4日(日)第15回ホスト–ゲスト・超分子化学シンポジウム SHGSC2017(立命館大学 びわこ・くさつキャンパス)において、M2 佐々木由比さんのポスター発表「分子の自己組織化を用いたTurn-on 型蛍光センサーアレイによる糖類の同時検出」がありました。

招待講演
6月2日(金)第32 回TSR セミナー(秋葉原)にて、時任教授の特別講演「フレキシブル・プリンテッドエレクトロニクスの最新動向」がありました。

招待講演
6月1日(木)藤枝会講演会(フジクラ 東京R&Dセンター)にて、泉産学連携准教授の招待講演「3Dプリンテッドエレクトロニクスの開発」がありました。

ポスター
5月27日(土)~28日(日)日本分析化学会第77回分析化学討論会(龍谷大学深草学舎)において、M2 佐々木由比さんのポスター発表「自己組織型比色ケモセンサーアレイによる金属イオン類の同時検出」がありました。

招待講演
5月26日(金)第109回有機デバイス研究会(静岡大学)にて、時任教授の招待講演「フレキシブル・プリンテッド有機エレクトロニクスの新展開」がありました。

論文
M2 佐々木由比さんの筆頭論文“A molecular self-assembled colourimetric chemosensor array for simultaneous detection of metal ions in water”がChemical communicationsに掲載されました。

依頼講演
5月19日(金)日経BP社技術者塾「3Dプリンテッドエレクトロニクス」技術の胎動(東京・新橋)にて、時任教授の講演がありました。

総説・解説
バイオ専門情報誌 バイオインダストリー2017年5月号に芝教授の解説記事「フレキシブルハイブリット型常時計測体温センサの開発」が掲載されました。

論文
泉産学連携准教授の論文“Novel Soft Blanket Gravure Printing Technology with an Improved Ink Transfer Process”がFlexible and Printed Electronicsにアクセプトされました。

研究発表
4月19日(水)~22日(土)国際会議ICEP2017(天童 滝の湯)において、泉産学連携准教授の口頭発表とM1 中村君のポスター発表がありました。

招待講演
4月19日(水)~22日(土)国際会議ICEP2017(天童 滝の湯)において、熊木准教授の招待講演「Newly Developed Silver Nanoparticle Ink for Organic TFT Circuits Fabricated with High Resolution Printing System」がありました。

研究発表
4月20日(木)~21日(金)電子情報通信学会電子デバイス研究会(ED)(東北大学電気通信研究所)において、M1松村君、M1圓岡君の口頭発表がありました。

論文
M2 塩川君の論文“Development of a silver nanoparticle ink toward fine line patterning using gravure offset printing”がJapanese Journal of Applied Physicsに掲載されました。

論文
泉産学連携准教授の論文“Soft blanket gravure printing technology for finely patterned conductive layers on three-dimensional or curved surfaces”がJapanese Journal of Applied Physicsに掲載されました。

外部発表一覧へ

  • 研究紹介動画
【時任教授室・研究室事務室】
所在地:〒992-8510
山形県米沢市城南4-3-16
山形大学
有機エレクトロニクス研究センター
10号館3階
電話:0238-26-3725
FAX:0238-26-3788

PAGETOP