外部発表一覧

最新の20件


総説・解説
バイオ専門情報誌 バイオインダストリー2017年5月号に芝教授の解説記事「フレキシブルハイブリット型常時計測体温センサの開発」が掲載されました。

論文
泉産学連携准教授の論文“Novel Soft Blanket Gravure Printing Technology with an Improved Ink Transfer Process”がFlexible and Printed Electronicsにアクセプトされました。

研究発表
4月19日(水)~22日(土)国際会議ICEP2017(天童 滝の湯)において、泉産学連携准教授の口頭発表とM1 中村君のポスター発表がありました。

招待講演
4月19日(水)~22日(土)国際会議ICEP2017(天童 滝の湯)において、熊木准教授の招待講演「Newly Developed Silver Nanoparticle Ink for Organic TFT Circuits Fabricated with High Resolution Printing System」がありました。

研究発表
4月20日(木)~21日(金)電子情報通信学会電子デバイス研究会(ED)(東北大学電気通信研究所)において、M1松村君、M1圓岡君の口頭発表がありました。

論文
M2 塩川君の論文“Development of a silver nanoparticle ink toward fine line patterning using gravure offset printing”がJapanese Journal of Applied Physicsに掲載されました。

論文
泉産学連携准教授の論文“Soft blanket gravure printing technology for finely patterned conductive layers on three-dimensional or curved surfaces”がJapanese Journal of Applied Physicsに掲載されました。

依頼講演
4月6日(木)第27回ファインテック ジャパン(東京ビッグサイト)にて、時任教授のセミナー講演「スマート有機バイオセンサの基盤技術と応用展開」がありました。

論文
D1 塩飽君の論文“Printed Organic Inverter Circuits with Ultralow Operating Voltages”がAdvanced Electronic Materialsに掲載されました。

招待講演
3月22日(水)日経BP社セミナー“基板レス”で機器設計を変革(ベルサール八重洲)にて、時任教授の招待講演「3Dプリンテッドエレクトロニクス技術の創成」がありました。

研究発表
3月16日(木)~19日(日) 日本化学会 第97春季年会(慶應義塾大学 日吉キャンパス)において、M1 佐々木由比さんの口頭発表「自己組織型比色ケモセンサーアレイの構築」がありました。

研究発表
3月14日(火)~17日(金)第64回応用物理学会春季学術講演会(パシフィコ横浜)において、時任研究室より8件の口頭発表と3件のポスター発表がありました。

招待講演
3月16日(木)第64回応用物理学会春季学術講演開(パシフィコ横浜)にて、時任教授の招待講演「有機集積回路のための印刷プロセス技術の高度化」がありました。

論文
泉産学連携准教授の論文“Effects of silver nanowire concentration on resistivity and flexibility in hybrid conducting films”がJapanese Journal of Applied Physicsに掲載されました。

研究発表
3月13日(月)第43回山形県公衆衛生学会(山形県立保健医療大学)にて、米沢栄養大学加藤准教授の、時任研との共同の研究発表がありました。

著書
CMC出版より 時任教授、D3竹田君が章執筆の書籍「ヘルスケア・ウェアラブルデバイスの開発」が刊行されました。

依頼講演
3月7日(火)山形大学工学部技術部技術談話会(100周年記念会館)にて、関根さんの講演「印刷法を用いたフレキシブル有機デバイスの作製とセンサ応用」がありました。

論文
吉田研究員の論文“Highly conductive metal interconnects on three-dimensional objects fabricated with omnidirectional ink jet printing technology”がJapanese Journal of Applied Physicsに掲載されました。

論文
時任教授の共著論文“Asymmetric Alkylthienyl Thienoacenes Derived from Anthra[2,3- b]thieno[2,3- d]thiophene for Solution-Processable Organic Semiconductors”がACS Applied Materials & Interfacesに掲載されました。

依頼講演
3月1日(水)国際会議 EDTM 2017(富山国際会議場)にて、時任教授のプレナリー講演「Flexible and Printed OTFT Devices for Emerging Electronic Applications」がありました。
243件中21 ~ 40件を表示しています。
前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次へ

PAGETOP